はやぶさ2のカプセルを初公開 「迫力すごい」

 小惑星リュウグウの試料を収めて地球に帰還した探査機「はやぶさ2」のカプセルが12日午前、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の拠点がある相模原市の市立博物館で地元の小学生約120人に初公開された。午後から予約者を対象に一般公開する。

 カプセルは外側部分が焦げたように黒く変色しており、推定で約3千度の超高温にさらされた大気圏突入時の過酷な様子がうかがえる。形状や構造に異常はなく、常温に保たれた内部の電子部品などは新品同様にきらきらと輝いている。

 5年生の道祖武亮君は「見た目はきれいだったのに迫力があった。はやぶさ2は偉大だなと思った」と興奮した様子。仲村結華さんは「細かい部品がいっぱいあってすごかった。宇宙への興味が強くなりました」と笑顔で語った。

 チームを指揮したJAXAの津田雄一プロジェクトマネージャは「はやぶさ2の生まれ故郷で初公開できて感慨深い。宇宙飛行をしたカプセルの現物の重みを実感し、迫力を味わってほしい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ