男女12人に重いアレルギー 新型コロナワクチン接種後

 厚生労働省は11日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した20~50代の男女12人が、重いアレルギー反応であるアナフィラキシーを発症したと発表した。いずれも投薬などで症状は回復したり快方に向かったりしている。

 接種後にアナフィラキシーを発症したのは計37人となった。厚労省は12日に開催する会合で症例を検討するとしている。

 厚労省によると、内訳は男性1人、女性11人。米ファイザー製のワクチンを8~10日に接種し、接種後にせきやじんましん、嘔吐(おうと)などの症状があった。医療機関の報告では12人とも接種と症状に関連があるとされた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ