【第92期ヒューリック杯棋聖戦】渡辺名人が斎藤八段下し、本戦8強

 将棋の藤井聡太棋聖(18)=王位=への挑戦権を懸けた第92期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント(本戦)の1回戦、渡辺明名人(36)=棋王・王将=-斎藤慎太郎八段(27)戦が10日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、渡辺名人が88手で勝利し、準々決勝進出を決めた。

 両者は4月開幕の名人戦七番勝負で対戦することが決まっており、渡辺名人が前哨戦を制した。

 渡辺名人は次戦で出口若武(わかむ)五段(25)と対戦する。

 渡辺名人は東京都葛飾区出身。所司和晴七段門下で平成12年、中学生棋士として四段プロデビュー。タイトル獲得は竜王11期(永世竜王)、名人1期、王座1期、棋王8期(永世棋王)、王将4期、棋聖1期の計26期。棋戦優勝は11回。現在、2つのタイトル戦で防衛戦を戦っており、王将3連覇、棋王9連覇にそれぞれ王手をかけている。

 今年度の成績は22勝14敗(勝率6割1分1厘)、通算成績は679勝345敗(同6割6分3厘)。

 前棋聖の渡辺名人は本棋戦はシードで、決勝トーナメントからの登場だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ