接種前日にワクチン到着 「肩が見える服装で」新潟県接種第1号の病院長は長袖肌着を反省

 医療従事者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの先行接種が2月下旬から、新潟県でも国立病院機構新潟病院(柏崎市)を皮切りに始まり、8日からは新潟大学医歯学総合病院(新潟市中央区)など県内5病院で優先接種も始まった。先陣を切った国立新潟病院では、国に承認されたばかりの米製薬大手ファイザー製ワクチンが同病院に届いたのは接種前日という慌ただしさだった。接種の現場を追った。(本田賢一)

1170人分搬入

 2月18日午前、ヤマト運輸のトラックが同病院の玄関前に横付けされ、2つの医薬品用特殊冷凍コンテナが慌ただしく運び込まれた。厳重に封かんされたコンテナが開けられると、病院職員がデジタル温度計に表示されたワクチンのパッケージ周辺の温度を確認し、「マイナス78・9度。OK」と告げる。ファイザー製ワクチンは品質維持のため、同75度前後で管理するよう求められているからだ。

 各コンテナには、ドライアイスで冷凍されたワクチンのパッケージがそれぞれ1個入っており、到着から15分ほどで保管用冷凍庫に移された。ワクチンは1回目の接種から3週間後に2回目を打つことになっており、運び込まれたワクチンは1170人が2回接種できる量だった。

肩が見える服装で

 接種は翌19日午前11時すぎ、同病院のリハビリテーションフロアでスタート。最初に受けたのは同病院の中島孝院長(62)で、新潟県内での接種第1号となった。担当した内科医長が、利き腕と逆の左肩付近をアルコール消毒した後、注射器の針を入れ筋肉に注射。わずか5秒ほどで終了した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ