優先接種きょうから大阪でも、コロナワクチン

 大阪府で医療従事者向けの新型コロナウイルスワクチンの優先接種が8日に始まるのを前に、大阪市内の「大阪府ワクチン配送センター」で7日、各医療機関への配送作業の様子が報道陣に公開された。

 この日は、府の委託を受けた業者が、約700回分のワクチンを通常冷蔵(2~8度)が可能な保冷ボックスに移し替え、同市住吉区の大阪急性期・総合医療センターに配送。解凍したワクチンは5日以内に使い切らなければならない。

 国主体で対象が一部にとどまった2月の先行接種と異なり、優先接種では都道府県が計約470万人に実施する。府内では約31万人の医療従事者が接種を希望しているが、国がこれまでに示した割り当ては約7万人分にとどまり、希望の数に届いていない。このため府は、コロナ患者を受け入れる78医療機関から順に接種を始める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ