【老舗旅館の10年 東日本大震災】震災復興テーマのアニメの舞台に ファンに支えられ 熊谷浩典さん

 「作品のゆかりの地に来られてよかった」「一刻も早い復興を願います」。

 東日本大震災で津波被害を受けた宮城県気仙沼市。中心街の魚町(さかなまち)地区にある老舗旅館「大鍋(おおなべ)屋」の「交流ノート」にはメッセージが並ぶ。震災をきっかけに生まれたアニメを愛するファンがつづる。

 「本当に熱い人ばかりです」と老舗旅館の4代目は笑顔を浮かべる。

 創業は明治28年。遠洋マグロ漁船が寄港する国内屈指の港町にある大鍋屋は漁師の定宿だった。しかし、平成23年3月11日、気仙沼は巨大津波に襲われ、海岸から約100メートルの大鍋屋ものみこまれた。

 流失はまぬがれたが、大量のがれきが流れ込み家財道具は散乱した。

 それでも店をたたもうとは思わなかった。

 「陸に上がったときはゆっくりと畳の上で寝たいね」

 マグロを追い求め、海とともに生きる漁師の言葉が脳裏から離れなかったからだ。「この地で商売を続ける」。被災からわずか4カ月後の7月、営業再開にこぎつけた。

 「おい浩典、テレビをつけろ。うちがアニメに出ているぞ」

 震災から4年後、平成27年6月の深夜。兄で衆院議員の小野寺五典(いつのり)氏(60)からの電話を受けた。関東で再放送されていたアニメ「Wake Up,Girls!(ウェイクアップガールズ)」を偶然見ていたという兄。そういえば最近、若い男性の宿泊客が増えていた。その理由に合点がいった。

 アニメは宮城県を舞台に、7人の少女がアイドルグループとして成長する姿を描いている。被災地の支援をテーマに、実在する場所が取り上げられ、ファンの間では、震災と向き合う作品としても評価された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ