【第92期ヒューリック杯棋聖戦】永瀬王座が本戦ベスト8進出

 将棋の藤井聡太棋聖(18)=王位=への挑戦権を懸けた第92期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント(本戦)の1回戦、永瀬拓矢王座(28)-屋敷伸之九段(49)戦が5日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、永瀬王座が67手で勝利し、準々決勝進出を果たした。永瀬王座は次戦で、森内俊之九段(50)対菅井竜也八段(28)の勝者と対戦する。

 永瀬王座は横浜市出身。安恵照剛八段門下で平成21年、四段プロデビュー。獲得タイトルは王座2期、叡王1期の計3期。棋戦優勝は2回。今年度の成績は41勝22敗(勝率6割5分1厘)、通算成績は391勝156敗(同7割1分5厘)。

 永瀬王座は第87期の挑戦者。前期も挑戦者決定戦まで勝ち上がり、今期は本戦からの参戦となった。

 屋敷九段は札幌市出身。故五十嵐豊一・九段門下で昭和63年、四段プロデビュー。獲得タイトルは棋聖3期。棋戦優勝は2回。今年度の成績は13勝14敗(同4割8分1厘)、通算成績は799勝528敗(同6割2厘)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ