医師とワクチンが巡回、高齢者は動かず 三島市が集団接種訓練、時短に効果か

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け集団接種に向け、静岡県三島市は4日、医療スタッフが会場内を巡回し、個別スペースに着席している人々に接種していく「三島モデル」による模擬訓練を実施した。

 三島モデルは、医師と看護師がワクチンを乗せたワゴンを引きながら会場内を移動し、市民に次々と接種する方式。接種を受ける人は間仕切りで作られた個別スペースに着席したままで、問診と接種、接種後の15分間の経過観察までを、移動することなく受けることができる。

 高齢者側の利点は、足腰が弱くても会場内移動の負担が減り、行き先を間違えたりする恐れもないこと。自治体側は会場内の誘導と動線を最小限にできて、接種完了までの時間短縮効果も期待できるという。

 この日の訓練には医師や看護師、市職員ら約40人が参加。接種を受ける役には高齢者約20人が協力した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ