日医会長、緊急事態宣言の延長を主張 「第4波がワクチン接種の妨げに」

 日本医師会の中川俊男会長は3日の記者会見で、1都3県に発令されている新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、期限である7日で解除せず、延長すべきだとの考えを示した。「徹底的に感染者を押さえ込んだ上で解除しなければ4月以降に『第4波』を招くおそれがあり、ワクチン接種の妨げになりかねない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ