コロナワクチン接種後、60代女性死亡 くも膜下出血か

 厚生労働省は2日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを接種した60代女性が死亡したことを明らかにした。接種後の死亡例は初めて。死因はくも膜下出血とみられる。国に報告した医師は接種との因果関係を「評価不能」としており、厚労省の専門部会などで今後検討する。

 厚労省によると、女性は先行接種の対象の医療従事者。2月26日にワクチンを接種し、今月1日に死亡した。報告は2日付。基礎疾患(持病)やアレルギーはなく、接種直後に副反応が疑われる症状の報告もなかった。居住地や職種などは明らかにしていない。

 厚労省のワクチン分科会副反応検討部会の森尾友宏部会長は「海外の接種事例でも、くも膜下出血と新型コロナワクチンに関連があるとはされていないようだ」との見解を発表。偶発的な可能性もあるが、さらに情報収集するという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ