冬の日本百名山へリフトでアクセス 上州武尊山(群馬県) 標高2158メートル

 【週末、山へ行こう】

 日本百名山のひとつにもなっている、群馬県を代表する山のひとつ、武尊山(ほたかやま)。赤城山の北側、谷川岳の東側に位置する。関越道で関東から新潟方面に向かう車中から、雄大な山容を眺めることができる。

 山頂へ向かう登山ルートはいくつかあるが、いずれも山麓からの行程が長く、避難小屋泊まりだったり、長丁場の日帰り登山を強いられる。しかし冬は川場スキー場のリフトを使って、比較的短時間で山頂に向かうことができる。

 スキー場でリフト券を購入し、そのときにスキー場所定の登山届を提出する。さらに捜索ネットワークサービス「ココヘリ」の装着が義務づけられており、自分で持っていない場合はレンタルが必要だ。

 リフトを下りたところで既に標高2000メートル弱。剣ケ峰山を経て武尊山を目指す。急な登りや、緊張する岩まじりの下りなどもあるが、森林限界を超えた稜線(りょうせん)は、すばらしい展望が魅力だ。武尊山へ向かう稜線から来た道を振り返れば、剣ケ峰山の鋭い山容がため息をつくほど美しいし、目の前にそびえる武尊山の雄々しさもすばらしい。山頂は360度の大展望。谷川の山々、尾瀬の山々も一望のもとだ。

 標準的なコースタイムで5時間前後、雪山登山の初級ルートとして雑誌などでも紹介されている。登山者も多く、天気のよい週末は踏み跡もしっかりついていて歩きやすい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ