マックが3月3日「てりたま」発売、CMソングにいきもの「SAKURA」 ネット民歓喜「てりたまキター!」「小田急線の窓に今年もさくらが…」

 日本マクドナルドは24日、春の風物詩「てりたま」シリーズを3月3日から期間限定で発売すると発表した。今年は二つ折りしたパストラミビーフを挟んだ新商品「はみ出るパストラミビーフてりたま」を加えた3種類のバーガーなどが登場。ツイッターには「てりたまキター!」「食べたいヤツおおすぎ…はよ春来て欲しい」などの声が寄せられている。

 1996年に登場して以来、20年以上にわたりファンから愛されている「てりたま」は、しょうがとリンゴ、隠し味にニンニクの風味を加えた甘辛い“てりやきソース”を絡めたポークパティと、ぷるぷるたまごが特長。今年は定番の「てりたま」と「チーズてりたま」に加え、桜の花びらを連想させる大きなパストラミビーフを合わせた、この春だけの新商品「はみ出るパストラミビーフてりたま」の3種類のバーガーが登場する。また、2017年に朝マックのメニューとして登場して以来人気の「てりたまマフィン」や、「マックフィズ/マックフロート 岩手県産白桃(果汁1%)」「シャカシャカポテト 鶏にんにくから揚げ味」も3日から一挙に登場する。

 春の定番メニューの復活にファンは「てりたまシーズン!来た~~~~っ!」「春を告げるてりたま楽しみ」「チキンタツタに満足してたけど、てりたまの季節が来ましたね!楽しみー」と大興奮。早くもヤフーの検索ランキングで関連ワードが躍り始めた。新商品もユーザーの関心を惹いており、「パストラミビーフてりたま食べてみたいぜ!」「あーらはみ出しちゃってぇ…仕方ない食べてあげましょう」などのコメントが続々。同シリーズは固定ファンが多い一方、バーガーの厚みやこぼれ出るソースに食べづらさを感じる人もいるようで、「てりやき系は手や口やホッペや鼻に一度もソースを付けずに食べきれたことがない。必ずどこかに付いちゃう」などの指摘も散見される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ