首都圏の解除前倒しせず 4知事一致 再拡大警戒

 東京都と埼玉、千葉、神奈川3県の各知事が23日、テレビ会議を開いて新型コロナウイルスの感染状況や医療提供体制について意見交換し、首都圏では新規感染者の減少ペースが鈍化しており、緊急事態宣言解除の前倒しを要請しない方向で一致した。

 宣言の対象期間となっている3月7日まで新規感染者を可能な限り抑えて再拡大を警戒していくとの認識を共有。4都県の住民に感染防止対策の徹底を求める共同メッセージを出した。

 東京都の小池百合子知事は以前から首都圏での解除前倒しに慎重な姿勢を示していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ