天皇陛下、皇居で61歳の祝賀行事に臨まれる コロナ禍で規模縮小

 23日に61歳の誕生日を迎えた天皇陛下は同日、皇居・宮殿で祝賀行事に臨まれた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、天皇誕生日の一般参賀は実施せず、祝賀行事も参列を代表者に絞るなど、規模を縮小して行われた。

 陛下は同日午前、宮殿「松の間」で、皇族方を代表して参列された秋篠宮ご夫妻からお祝いをお受けに。その後、菅義偉(すが・よしひで)首相ら三権の長と駐日大使の代表から祝賀を受けられた。菅首相がお祝いを述べると、陛下は感謝を伝え、「くれぐれもお体にお気をつけて、お仕事をお続けください」と言葉をかけられた。

 例年、天皇、皇后両陛下が各界の関係者らを招いて開く祝宴「宴会の儀」と、駐日大使らと懇談される「茶会の儀」は実施を見送った。宮内庁は「感染症で国民が困難に直面している中で、最小限の行事とした」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ