漬け物販売が転機、一代で財を築いた豪商のインフラ整備事業

 江戸の豪商で土木家の河村瑞賢(ずいけん、1618~1699年)は、13歳で伊勢国から江戸に出て、一代で財を成した。徳川幕府の命により実施した治水事業で人工河川を掘削すると、その川「安治川」は、大型商船が小型船へ荷物を積みかえたり、大小の船が行きかったりして賑わった。瑞兼は商都・大阪の礎を築いた一人である。(上坂徹)

商都のにぎわいづくり

 「難波の津は、海内秀異(かいだいしゅうい)の大都会にして、諸国の賈船(こせん、商船)、木津安治の両川口に船首(みよし)をならべ、いかりを連ねて、ここにも諸の荷物をひさぎ、繁盛の地いふばかりなし」

 江戸時代後期の滑稽本「東海道中膝栗毛」(十返舎一九)は、大坂のくだりで安治川周辺のにぎわいを記している。

 大阪湾と市街地を結ぶ水路で港湾機能も持った安治川の建設は、大坂の水運業を大きく発展させ、商品取引の活発化も促した。安治川工事から160年後に出版された摂津国(大阪府北中部・兵庫県南東部)の名所を絵と文章でつづった地誌「摂津名所図会」(寛政10年発行)にも、安治川のにぎわいが描かれている。

 もともとは治水対策として、淀川の水をスムーズに大阪湾に流せるようにしようと企図し、障害となっていた九条島を開削された安治川だが、放水路としてだけ機能したわけではなかった。

 大阪湾からの大型商船は、安治川ができるまで、湾岸の別の河川の河口やその沖に停泊し、小型船に荷を積みかえて蛇行する河川を経由して、大坂市中に荷を運んでいた。手間も時間もかかっていたが、安治川ができたことで、船は河口の港湾で荷をおろし、中小型船に積み替えて、そのまま川を通って堂島川や土佐堀川といった市街地の川に入ることができるようになった。

 時間は短縮。堂島川などの岸壁では、船を横付けして荷降ろしができることなどから、米や特産物を扱う各藩の出張所兼倉庫である倉屋敷が次々と建てられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ