GoTo解約補償を上乗せ 停止影響の事業者支援

 赤羽一嘉国土交通相は19日の記者会見で、観光支援事業「Go To トラベル」の停止に伴う旅行業界への補償を拡充すると発表した。旅行会社や宿泊施設に対し、キャンセル1件につき4000円を上限に、補償額を10%上乗せする。赤羽氏は「(食材納入など)取引業者との調整など、事務費用が相当程度生じているとの声があり、支援する」と説明した。

 トラベル事業は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け昨年11月下旬以降、一部地域を目的地とする旅行の割引適用を停止。12月28日には、全国で停止された。

 政府は旅行がキャンセルとなった旅行会社、宿泊施設に対し、代金の50~35%を補償。パックツアーに組み込まれていた交通機関、ホテルに食材を納入する予定だった業者らには、旅行会社などを通じて配分するとしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ