「ワクチン打てば安心材料増える」 現地在住の日本人女性も接種、世界最速ペースのイスラエル

 新型コロナウイルスのワクチン接種が世界的に加速する中、中東のイスラエルが群を抜くペースで接種を進めている。現地在住の50代の日本人女性が産経新聞の取材に応じ、ワクチン接種を受けた経験を語った。17日に医療従事者への接種が始まった日本では副反応などへの不安の声も出ているが、女性は「ワクチンを接種する人が増えれば安心材料が増える」と強調する。(大渡美咲)

■2度接種、異変なし

 女性は20年ほどイスラエルに住み、永住権を持つ。現在は南部にある都市アシュケロンで暮らしている。イスラエルでは、60歳以上の市民や医療従事者を優先して接種しているが、女性は、友人から対象でなくても受けられると聞き、1月7日に1回目の接種をしたという。

 体育館の一部を改装した接種会場に行き、番号を呼ばれてから、発熱やアレルギーの有無についての問診を口頭で受けた。皮下組織の下にある筋肉まで針をまっすぐに深く刺す「筋肉注射」という投与方法で、米ファイザー製ワクチンの接種を右腕に受けた。

 その数日後、電話で連絡を受けて2回目の接種を今度は左肩に受けた。問診もなく、すぐに接種は終了したという。その場で仮の接種完了証明書が手渡され、正式な証明書は後日、郵送で送られるという仕組みだった。

 1回目の接種では肩から腕のあたりに打ち身のような軽い痛みが残った。女性は「2回目の方が痛かったが、48時間経過すれば忘れる程度だった」と振り返る。その後、体調不良や体の異変はないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ