首都圏以外も接種開始へ コロナワクチン先行対象

 新型コロナウイルスワクチンの先行接種は18日、茨城、長野、岡山各県の医療機関でも始まる見通しだ。他の地域もワクチンが届き次第、順次接種を始め、来週には対象の全国100病院全てに広がる見込み。安全性を調べるために実施される。副反応などに関する政府の情報公開が十分でなければ、接種率にも影響を与えそうだ。

 18日に接種開始予定なのは水戸医療センター(茨城)、千葉医療センター(千葉)、信州上田医療センター(長野)、岡山労災病院(岡山)など。19日には実施地域が大幅に広がるとみられる。

 先行接種の対象は4万人。このうち2万人が健康状態を記録し、厚生労働省の研究班が集めたデータを毎週公表する方針。3月中旬以降にコロナ診療に関わる医師らの接種が始まり、4月以降に65歳以上の高齢者、さらに基礎疾患がある人などに対象を広げる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ