今春の京おどり開催 宮川町歌舞会 客席数や時間短縮で

 京都五花街の一つ、宮川町歌舞会は16日、ホームページで春の舞踊公演「京おどり」を開催すると発表した。新型コロナ感染拡大防止のため、昨年より6日短い4月2日~11日の10日間。

 歌舞会によると、1回の公演は約40分間に短縮。座席の販売数も定員(466)の半分以下に抑え、お茶席は設けない。

 昨春の公演は中止となっており、今年は昨春に予定していた古典舞踊の道成寺とさまざまなスポーツを群舞で表現した二部構成の演目「花競夢道成寺(はなきそうゆめのどうじょうじ)」をベースにするという。宮川町歌舞練場(京都市東山区)は今夏から約100年ぶりの建て替え工事が始まる予定で、現在の歌舞練場での最後の公演となる。

 春の舞踊公演では、上七軒の「北野をどり」と祇園甲部の「都をどり」が中止を決めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ