ワクチン特殊注射器「複数メーカーに働き掛け」 加藤官房長官

 加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、米ファイザー製ワクチンに関し、1瓶当たり6回接種できる特殊注射器の確保を進めていると明らかにした。「この注射器は世界でも供給量が決して多くなく必要量の確保はなかなか難しいが、厚生労働省が複数のメーカーに働き掛けているところだ」と述べた。

 通常の注射器では1瓶当たりの注射回数を、当初予定の6回から5回に減らさざるを得なくなったことを踏まえ「瓶やシリンジ(注射筒)に残った1回分は、基本的に廃棄となるだろう」との認識を重ねて示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ