前澤氏の毎週お金贈り、当選確率は0.22% フォロワー「当選しやすくなってありがたい」「それでも低確率…」

 インターネット衣料品通販大手「ZOZO」の創業者で、実業家の前澤友作氏が16日、自身のツイッターを更新。毎週行う「お金贈り」の当選確率を公表し、注目を集めている。

 昨年7月からフォロワー10人に毎日10万円が当たる「お金配り」を行ってきた前澤氏。今月8日からは対象者を絞り、抽選を毎日から毎週へ変更、名称も「お金配り」から「お金贈り」に改めた。

 この日のツイートでは「毎週お金贈りWeek1報告」とし、医療従事者を対象としたお金贈りについて、200人の当選者に対し、92109人の申し込みがあったと明かした。当選確率はおよそ0.22%となる。

 続けて、前澤氏は別のツイートで「毎週お金贈りになり当選確率が大幅に上がりました」と伝え、「毎日お金配りの際は、毎日の当選者数が10人でしたので、1週間での当選確率は(70人/フォロワー約1000万人)で0.0007%でした」と説明。「単純計算で毎週お金贈りの方が約314倍当たりやすい計算になります」とお金贈りの内容変更に手応えをのぞかせた。

 これらのツイートのリプ欄には、フォロワーたちからさまざまなコメントが届いている。当選確率の数字を「数字で見ると凄く確率上がってますね」「当選しやすくなってありがたい企画ですね」「なんかクジ運なくても当たりそうな気が」「何はともあれ対象を絞るやり方は大賛成」「私は対象ではないですが、必要とされてる方に届くと良いですね」などと前向きに捉える声が寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ