「間に合わない」ワクチン接種、自治体の連携体制広がる

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、医療施設の少ない複数の自治体が連携して接種にあたる動きが広がっている。過疎化が進む地方が中心で、医療資源を集約して効率的に活用するのが狙いだ。ただ、通常医療と並行する形で行うため、政府が想定する接種スケジュールには「間に合わない」と焦る自治体も。65歳以上の高齢者約3600万人に対する接種が4月に迫る中、各自治体は急ピッチで体制づくりにあたっている。(田中一毅、前原彩希)

 ■3町が合同接種

 限られた期間内に多くの人への接種が計画される今回のワクチン接種。厚生労働省は身近な医療機関での個別接種を中心とする「練馬区モデル」をはじめ、地域の実情にあった接種体制をつくるよう全国の自治体に周知している。

 奈良県では、中南部に位置し、過疎化が深刻な大淀、吉野、下市の3つの町が連携して合同接種を実施する方針。人口約6600人の吉野町は接種に対応できる個人医院や病院が4つ、約5千人が暮らす下市町の場合は1つしかないため、拠点病院「南奈良総合医療センター」や民間の医療機関7つがある大淀町(人口約1万7千人)が昨年12月に呼びかけ、協議を重ねてきた。

 同町の担当者は「医療スタッフの確保や会場準備を効率的に行える。ワクチンも3町で一括することで、余らせることなく、無駄も抑えられる」とする。合同接種の会場は、センターに隣接する南奈良看護専門学校の体育館。吉野町の担当者は「町内で接種を実施し、重篤な副反応が出た場合、センターに搬送するまで約30分かかる。合同接種は心強い」と話した。

 ■土日の接種も

 課題もある。現時点で、3町の合同接種は平日の午後1時半~同3時半の2時間を計画。1日あたり計100人の接種を予定する。

 だが、厚労省の計画では高齢者への接種は約3カ月間で完了する想定。大淀町によると、3町の計画では大淀町の高齢者約6千人の接種完了だけでも、1年3カ月以上かかるという。

 このため、3町は地域の医療機関でもワクチン接種を可能とすることや、土日にも接種できるよう、さらなる医療従事者の確保のため、地元医師会と調整を続けている。吉野町では体が不自由な高齢者には戸別訪問での接種も検討。大淀町の担当者は「厚労省の期限はかなりタイトだが、やれるだけやるしかない」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ