一蘭カップ麺、公式通販は「即完売」 “難民”続出「どこにも売ってないやんけ!」

 人気ラーメンチェーン「一蘭」(福岡市博多区)が15日に発売したカップ麺「一蘭 とんこつ」が、さっそくSNSで大きな話題となっている。同社のツイッターはこの日午後1時過ぎに「公式通販では完売となりました」とツイート。商品を入手できず“ハシゴ”に疲れ果てたネット民からは「一蘭のカップ麺どこやぁー」などの声が噴出している。

 豚骨ラーメン専門店の一蘭から、同社史上初となるカップ麺が発売された。純粋にラーメンの味を楽しんでほしいという理由から具材はいっさい入れず、麺・スープ・赤い秘伝のたれが作り出す味わいにひたすらに向き合える一杯となっている。

 20年以上前から商品化の要望が絶えず、多くの企業から共同開発の話を持ち掛けられていたそうだが、一蘭のこだわりを形にするのは技術的に困難だったという。それでも「お客様の期待に応えたい」との想いで試行錯誤を重ね、とくに一蘭でも4人しかいない“秘伝のたれ職人”がカップ麺用の特別な「秘伝のたれ」の商品化に成功し、こだわりと企業秘密がつまった「一蘭 とんこつ」が誕生した。

 販売価格は税込み490円で、取扱店舗は一蘭店舗や公式通販、一部コンビニ・小売店。有名店の豚骨ラーメンと言えば、セブン-イレブンがコラボした「一風堂」や「らーめん山頭火」などが思い浮かぶが、一蘭は「ライバルはお店の一蘭」として初のカップ麺を売り込んでいる。

 発売日のこの日は、朝から夕方にかけてグーグル検索ランキングに「一蘭 とんこつ」が長時間ランクイン。「一蘭のカップ麺ゲットー!」「ドンキで買えたよ!」などの報告ツイートも見られる。すでに食したユーザーからは「一蘭のカップ麺うますぎ」「これめっちゃうまい!!今までのカップ麺史上1番美味しい!!お値段もダントツで高いけど」などの賛辞があがり、今日の晩御飯に食べる予定というユーザーからは「具は一切無しで税込み490円の強気価格。値段に見合わない味だったら暴れます」と気合が入ったコメントも見受けられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ