ワクチン接種、円滑に 知事会チーム、情報共有へ

 新型コロナウイルスのワクチン接種に関する全国知事会の特別対策チームは15日の初会合で、接種の先進事例を都道府県間で共有するほか、厚生労働省などに派遣される連絡要員を通じて国との連携を強化し、ワクチン接種を全国で円滑に進めることで一致した。

 チームはコロナ対策本部(本部長・飯泉嘉門徳島県知事)の下に設置。リーダーを務める平井伸治鳥取県知事はオンライン会合で「人材確保やシステムの運用などいろいろな課題がある。接種が滞りなく進むよう、丁寧に意思疎通したい」と述べた。

 オブザーバーとして参加した全国町村会長の荒木泰臣熊本県嘉島町長は「ワクチンの供給時期や副反応など具体的な情報がまだ不足している」と述べ、国に速やかな情報提供を注文。全国市長会長の立谷秀清福島県相馬市長は、都道府県が市町村の状況を細かく把握するよう要請した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ