富士そばが「バクテーそば」に続き「ラクサそば」投入 「このままシンガポール麺料理を全部そばに」アジア料理好きが期待

 ダイタングループが運営する立ち食いそば・うどんチェーンの「名代富士そば」が、5万食限定で「ラクサそば」を3月16日から発売すると発表。アジアンフード好きのネット民から期待の声があがっている。

 ラクサとは、東南アジア、シンガポールやマレーシアでポピュラーな麺料理(スープ)。シンガポールではローカルフードとして、屋台などで比較的に安価で食べられるもの。庶民的なレシピから高級な食材を使ったものまで、幅広いバリエーションがある。一般的なシンガポールラクサのスープは、ココナッツミルクにカレーのスパイシー感と海老の香りが特徴で、屋台では備え付けの香辛料を自分で調節して好みの辛さにして食べる客が多いという。

 今回はシンガポールと日本の外交関係樹立55周年を記念して、ラクサスープを日本蕎麦で食べる「ラクサそば」を開発。日本そばと融合した味付けを目指し、ココナッツミルクを強調して、スパイシー感と海老の香りを抑えたマイルドな口当たりに仕上げた。小さな子供にも食べやすい味付けという。ゆで卵、かにかま、厚揚げ、蒸し鶏、むき海老、パクチーがトッピングされ、好みの辛さに調整できるよう、サンバルソースが添付される。税込み680円。当初の販売予定日は2月1日だったが、緊急事態宣言をにらんで3月16日まで販売開始を延期した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ