東京「コロナ抗体0・91%」で第4波に耐えられる? 専門家「気付かぬうちにウイルス感染、撃退も」 過去の「かぜ」と同様傾向

 新型コロナウイルスの新規感染者は減少傾向だが、懸念されるのは緊急事態宣言解除後の「第4波」だ。厚生労働省の調査では、抗体を保有している人は東京都で0・91%だけだ。ただ、専門家はより多くの人が気付かないうちにウイルスに感染、撃退している可能性があるとの見方を示す。

 11日の新規感染者は東京が434人、大阪府が141人だった。順調に減っているが、政府は緊急事態宣言解除については慎重に見極めている。

 問題は解除後だ。厚労省が昨年12月に実施した調査で、抗体を保有していた人の比率は東京で0・91%、大阪は0・58%だった。昨年6月時点の東京0・1%、大阪0・17%からは増えたが、一般に「集団免疫」の達成とされる60~70%には遠く及ばない。

 これに対し、「この1年間で感染第3波まで経験した中で、特に都市部では感染した人がもっと多いと考えられる」と主張するのは、医師で医療経済ジャーナリストの森田洋之氏だ。森田氏によると、体内に外部からウイルスが入ると、ウイルスを殺す「T細胞」や、抗体を作るための「B細胞」、異物や細菌を消化する白血球の一種「マクロファージ」などの免疫が反応する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ