「令和何年」トレンド入り 作家・平野啓一郎氏のツイートきっかけ 「免許更新が平成33年?」「今年は皇紀2681年」など反響呼ぶ

 芥川賞作家の平野啓一郎氏が8日、自身の公式ツイッターで「今が令和何年か、もうわからなくなってて、驚いてる。。。いい加減、全部西暦に統一してほしい」とツイート。これにネット民が反応、ツイッターや検索のトレンドで「令和何年」が上位に入り、話題になっている。

 当該ツイートにはリプライが多数寄せられており、「平野さんみたいな賢明な方が何を仰る」「覚えようとしてないだけじゃん」「そんな事、小学生でも知ってますがなw」などのツッコミも見受けられるほか、「西暦二桁から18引くと令和」「2029年まで限定ですが、西暦の下2ケタの数字を足すと令和の年になるという知恵をツイッターで得ました。今年の場合は2+1で令和3年」など、換算の仕方を共有する返信もある。ただ、全体としては「同感です」「テレビが『平成11年の○×△●…』と言うが、何年前のことか、何年経たのか、さっぱりわからない。直近の出来事の前後関係さえあいまいになる」「ハンコと一緒に廃止してほしかったですね」など、平野氏に共感するユーザーが少なくない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ