栃木、緊急事態宣言解除で時短緩和に期待の声 観光地「春までに収まって」

 一方、県がホテルを借り上げて軽症・無症状者を受け入れる宿泊療養施設は4カ所体制となった。県北で4日に、県央2カ所目が6日に受け入れ可能となり、県央1カ所目と県南を合わせ638室となった。(山沢義徳)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ