茨城県独自の緊急事態宣言延長へ 5日に正式判断、知事「7日の解除は不可能」

 茨城県内で4日、新型コロナウイルスに感染していた70~90代の男女3人の死亡と、64人の感染が確認された。死者は71人、感染者は4978人となった。

 県と水戸市によると患者は、古河市13人▽水戸、土浦、日立各市5人▽潮来市4人▽牛久、鹿嶋、つくば各市3人▽坂東、筑西、取手、大洗、ひたちなか各市町2人▽桜川、笠間、茨城、利根、龍ケ崎、稲敷、阿見、神栖、下妻、常総各市町と埼玉、栃木、千葉各県1人の計64人で、うち54人が濃厚接触者。

 古河市内の老人ホームでは利用者ら9人が感染し、同日までに感染者が11人となり、県はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。これまで集団感染が起きていた美浦村や鹿嶋市の高齢者福祉施設でもそれぞれ職員4人と利用者2人の感染が確認された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ