村中七段勝ち、本戦の16人決まる ヒューリック杯棋聖戦

 将棋の藤井聡太棋聖(18)=王位=への挑戦権を争う第92期ヒューリック杯棋聖戦2次予選のブロック別決勝、村中秀史七段(39)-佐々木慎七段(41)戦が4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、先手の村中七段が113手で勝ち、初の決勝トーナメント(本戦)進出を決めた。

 10のブロックに分かれて戦われた2次予選は本局が最後で、2次予選を突破した10人が決まった。

 村中七段のほか、2次予選を突破したのは、鈴木大介九段(46)▽屋敷伸之九段(49)▽森内俊之九段(50)▽佐藤康光九段(51)▽中村太地七段(32)▽斎藤慎太郎八段(27)▽久保利明九段(45)▽菅井竜也八段(28)▽出口若武四段(25)-の9人。

 屋敷九段は決勝で、奨励会三段で初の女性棋士を目指す西山朋佳女流三冠(25)=女王・女流王座・女流王将=に快勝。森内九段は、獲得タイトル通算100期を目指す羽生善治九段(50)に持ち前の重厚な受け将棋で勝ち、第88期以来の本戦出場となる。

 また、菅井八段は決勝で井上慶太九段(57)との師弟対決を制し、3期連続で本戦に駒を進めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ