大阪市長、緊急事態宣言「延長致し方ない」

 大阪市の松井一郎市長は2日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が延長される見通しとなっていることについて、「新規感染者数は確実に減少傾向にあるが、重症や中等症用のベッドの空き状況をみると延長は致し方ない」との認識を示した。市役所で記者団に答えた。

 大阪府が1日の対策本部会議で、宣言が延長された場合に解除を政府に要請するための独自の判断基準を決めたことにも言及。「今の状況が続くと、商売をやっている方々も本当に成り立たなくなる。コロナを抑えながら社会を動かしていくには、できる限り早く宣言の期限を終わらせることが重要だ」と強調した。

 宣言が延長された際の飲食店などへの支援策については、「ワクチンの効果がある程度はっきりするまでの間は、制約を受ける中でビジネスをされる方に何らかの支援を考えないといけない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ