一風堂が植物由来の「赤丸」2月1日発売、すでに食レポも… ネット民仰天「豚骨ラーメンが植物性になるとは」「味が予測つかん」

 博多発祥の人気とんこつラーメンブランド「一風堂」は2月1日から、植物由来の食材で作るラーメン「プラントベース赤丸」を全国44店舗で期間限定販売する。好奇心旺盛なネット民は「これは食べねば!」などと発売を心待ち。試食したユーザーからはすでに食レポも届いている。

 「プラントベース」とは植物由来の原料で作られた料理や食品のこと。健康志向の高まりのほか、畜産による温室効果ガスの排出や地球資源の消費削減を目的に、肉や乳製品などの動物性食材に頼らない食品として注目されている。

 今回、一風堂が発売する「プラントベース赤丸」は、同チェーンの定番豚骨ラーメン「赤丸新味」を進化させた商品。スープ、麺、具材のいずれも動物性の食材を一切使っておらず、植物由来の原料のみを使用して作られているという。

 とんこつ風スープは、植物性油脂と大豆タンパクの研究開発を60年以上続けている不二製油(大阪府泉佐野市)と共同開発。同社の“コク深豆乳”をベースに昆布だしやポルチーニ茸を加えることで、豚骨スープのようなコクと深みのあるスープを実現した。

 さらに、卵を一切使用しない全粒粉麺や、インゲン豆ペーストを素に作られたチャーシュー風のトッピング、ソテーしたキノコなど、植物由来の食材で「赤丸新味」のコク深い味わいと旨味を表現。豚骨ラーメンのような満足感を得られるだけでなく、体、環境、食の多様性にも配慮して作られた“未来志向”のラーメンだとアピールしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ