mineo新料金 月1GBで1180円も 「攻めてきた」「これを待ってた!」 日本通信に続きMVNOから反撃

 関西電力子会社のオプテージは27日、MVNO(仮想移動体通信事業者)「mineo」の新料金プランを2月1日から提供すると発表。月20GBで1750円など、大手キャリアが最近相次いで打ち出した新料金プランと比較して大幅に安い料金設定に、ネット民の注目が集まっている。

 新料金プラン「マイピタ」は、データ通信のみの「シングルタイプ」と、音声通話もできる「デュアルタイプ」を提供。料金はいずれも通信容量に応じた4段階で設定されており、シングルタイプが月1GBで800円、5GBで1150円、10GBで1550円、20GBで1750円。デュアルタイプは、月1GBで1180円、5GBで1380円、10GBで1780円、20GBで1980円となっている。

 オプションとして、次世代通信規格5Gの利用、10分以内の国内通話かけ放題、通信速度制限がかかった際に最大500kbpsで通信できる「パケット放題」も提供する。また、これまでは利用するキャリア回線によって料金が異なっていたが、全キャリアで価格を統一した。同社の競合では、日本通信が月20GB(ドコモの新料金プラン開始までは16GB)で毎月70分までの通話を含めた1980円のプランを昨年12月から提供している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ