日医・中川会長、緊急事態宣言解除「現実的でない」

 日本医師会の中川俊男会長は27日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて11都府県に発令されている緊急事態宣言について「(期限となっている)2月7日の解除は現実的ではない」と述べた。

 中川氏は「決して気を抜ける状況ではない。解除は極めて慎重にすべきだ」と述べ、解除の条件として、感染状況の判断材料となる6指標の全てが最も深刻な「ステージ4」から「ステージ2」に改善するか、「ステージ2」への改善が確実になることを挙げた。

 政府は緊急事態宣言解除の条件を「ステージ3」相当への改善としている。中川氏は「多くの国民が本当に我慢をしているので、解除されると(感染防止に対する意識の)緩みの度合いはかなり強烈なものになる可能性がある。解除は慎重に慎重にやるべきだろう」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ