感染者数、東京「激減」は本物か 「変死」197人はコロナ感染 緊急事態宣言は延長視野

 ようやく緊急事態宣言の効果が出てきたのか。東京都の25日の新型コロナウイルス感染者は618人と、昨年12月28日(481人)以来の低水準となった。ただ、病床の逼迫(ひっぱく)状況や自宅療養中に死亡するケースは増えており、政府は緊急事態宣言の延長も視野に入れているとみられる。

 東京の25日の感染者数急減は、検査件数の少ない月曜日という事情もあるが、直近7日間の平均でも1日当たり1119・1人となり、最大で1800人超だった緊急事態宣言の直後から減少傾向となった。大阪府の25日の新規感染者も273人で、300人を下回ったのは4日以来となる。

 緊急事態宣言を発令した11都府県の24日までの週の新規感染者は、その前の週よりも減った。西村康稔経済再生担当相は25日の記者会見で、「少し減少が見え始めた」と語った。

 1人の感染者が平均何人にうつすかを示す「実効再生産数」も、東洋経済オンラインが公表している24日時点で東京は0・85まで下落、大阪府は0・94、全国では0・89と、いずれも感染拡大を示す1を下回っている。

 だが、感染から遅れて増える重症者や死者数はいまだ深刻だ。25日も東京で14人、大阪で7人など全国で74人の死亡が確認された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ