病床逼迫深刻化 20都府県で「ステージ4」 新規感染者は減少

 新型コロナウイルスの感染者の増加に伴い、病床の逼迫(ひっぱく)度が深刻化している。政府の新型コロナ感染症対策分科会が示した6指標に基づくと、20都府県でステージ4(爆発的感染拡大)の目安となる病床使用率50%を超えたことが、厚生労働省が22日に公表した21日時点のデータで明らかになった。前週の19都府県を上回った。緊急事態宣言の再発令から2週間。直近の新規感染者数は減少したが、今後さらなる病床の逼迫も懸念される。

 6指標とは、病床数の逼迫度を示す「確保想定病床の使用率」や「直前1週間の人口10万人当たり新規感染者数」などからなる。病床の使用率については、全入院者か重症患者の病床のいずれかが50%を上回るとステージ4に相当する。

 全入院者の病床で使用率が50%を超えたのは、兵庫(79・1%)、大阪(74・2%)、東京(73・9%)など17都府県。神奈川、奈良、岡山の3県は重症患者の病床で50%以上となった。前週に比べ茨城、石川、奈良、岡山がステージ4に加わり、滋賀、広島、長崎はステージ3(感染急増)に改善した。ステージ3相当の19道府県を加え、39都道府県がステージ3以上となった。

 一方、人口10万人当たりの新規感染者数では、ステージ4相当の25人以上だったのは東京や神奈川、大阪など10都府県で、前週の14都府県を下回った。宮崎、熊本、岐阜、愛知が外れた。ステージ4相当の都府県でも、埼玉、福岡、沖縄を除き新規感染者数そのものは前週を下回っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ