【check!ラジオ大阪】明日のために…OBCが防災ラジオステーション宣言

 ラジオ大阪(OBC)は1月15日、「防災ラジオステーション宣言」を行いました。放送などを通してこれまで以上に防災・減災のための情報発信や呼び掛けに力を注ぎ、リスナーとともに防災への意識を高める取り組みを行うことを宣言するものです。

 この取り組みは神戸市の「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」が後援し、15日には同センター長で日本の災害研究の第一人者である河田惠昭氏から「震災の体験や経験、その後得られた新たな知識が重要であり、パンデミック(世界的流行)や豪雨災害にも使えるものがたくさんある。これらを語りつぎ、日々の生活に役に立つ災害文化にしたい」とメッセージが寄せられました。

 同日は3つのワイド番組で「防災特別企画 明日のために今できること」も放送。朝の「“新しいおとな”の朝に!ハッピー・プラス」(月~金曜、午前7時30分~)では、防犯防災グッズ専門店「あんしん壱番」のスタッフをスタジオに招き、すぐに備えるべきことなどについて聞きました。同店では販売のほか、動画配信サイトなどでの情報発信も行い、店舗では防災士の資格を有するスタッフによるアドバイスもしています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ