米映画の「デロリアン」高校生4年以上かけ完成 和歌山

 1985(昭和60)年の米映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する乗用車型タイムマシン「デロリアン」を模したモニュメントが、和歌山県立田辺工業高校(田辺市)の正面玄関前にお目見えした。生徒たちが4年以上かけて製作した力作で、平日の4回、映画のテーマソングが流れて回転する。指導した高井正人教諭(51)は「生徒が作ったものが母校に残り、大きな思い出になるはず」と期待している。(張英壽)

 デロリアンのモニュメントは長く人々に見てもらえるよう、さびにくいアルミ板を約20枚使って作られ、長さ約4・2メートル、重さ約500キロ。ネット情報などをもとに映画の車体を精巧に再現している。長さ約4メートルの土台もアルミ製。

 月~金曜の午前9時、正午、午後3時、午後6時にテーマソングとともに約3分間、回転。午後6時には地上のイルミネーションが車体を照らす。

 かつて正面玄関前には高さ十数メートルの観葉植物が植えられていたが、中を虫に食べられて倒壊の危険性があったことから、平成27年に伐採。28年に跡地にシンボル的なものをつくることになり、高井教諭が「日本を代表する工業製品といえば車。夢を持てる映画に出ているものがいい」とデロリアンを提案した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ