受賞作は「文学的偏差値が高い」「圧倒的な票数」…第164回芥川・直木賞選考会講評

 第164回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が20日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は宇佐見りんさん(21)の「推し、燃ゆ」(「文芸」秋季号)に、直木賞は西條奈加さん(56)の「心淋(うらさび)し川」(集英社)に決まった。選考会での講評を紹介する。

 ■言葉が鮮やか

 宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」に決まった芥川賞。会見した島田雅彦選考委員は「委員の過半数がリモート参加という異例の形になったが、議論自体には支障がなく白熱した」と選考会を振り返った。

 初候補での受賞となった宇佐見作品は、ネットで炎上した男性アイドルを推すことが人生の「背骨」になっている女子高校生の切実な心情を活写し、群を抜く点数を得た。「ヒロインの自意識を描く言葉が非常に鮮やかで、一見刹那的に繰り出されているようでかなり吟味されている」とされ、読者の関心をひく文章のセンスやリズムについても「非常に文学的偏差値が高い」とたたえられた。

 次点は候補2回目となる乗代雄介さん(34)の「旅する練習」(群像12月号)。サッカー少女と小説家の叔父の旅を描くロードノベルで、「コロナ禍が強烈に意識され、語りに力が抜けていてすんなり読める。その波乱やカタルシスのなさが、新しい日常を生きていく上でリアル」と高く評価されたが、「雑多な部分を『捨てられない人』なのでは」との意見も付され、惜しくも受賞を逃した。

 同じく候補2回目の砂川文次さん(30)の「小隊」(文学界9月号)は、北海道に上陸したロシア軍と自衛隊との戦闘が題材。そのリアリティーは注目されつつも「不可避で理不尽な戦闘は現在のメタファーともとれるが、背景の戦争が見えにくいのは問題」とされ、支持は広がらず。

 虐待のトラウマを背負った女性の内面を描く木崎みつ子さん(30)の「コンジュジ」(すばる11月号)は「ストーリーテリングの才能は評価されたが、症例報告を超えた文学性に欠ける」として、選外に。

 ミュージシャンの尾崎世界観さん(36)の「母影(おもかげ)」(新潮12月号)は、母子家庭の女子小学生という語り手の設定に「あざとい」などの厳しい意見が相次いだ。(磨井慎吾)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ