立花家史料館、CFで運営資金1885万円

 コロナ禍で入館者が激減して閉館の危機に陥った立花家史料館(福岡県柳川市)がクラウドファンディング(CF)で今月末までの予定で運営資金を募ったところ、21日現在で目標を大きく上回る1885万9千円が寄せられた。当面は運営が続けられる状態になったといい、植野かおり館長は「激励のメッセージもいただき感激している」と話している。

 同館は立花財団(立花宗鑑理事長)が運営し、江戸時代に福岡・柳川を治めていた大名の立花家に伝わる古文書や書画、甲冑などを収蔵している。コロナ禍の直撃を受け昨年から入館者が激減。年間10万人前後だった入館者は約3万人にまで落ち込み、閉館の危機に陥った。閉館となれば重要文化財など約3万点におよぶ収蔵品は市外へ流出し、柳川観光のスポットがなくなる恐れもあった。

 このため、同財団が昨年12月11日に運営資金を集めるCFに乗り出した。植野館長によると、交流サイトSNSなどで知った全国の人たちから驚くほどの反応があった。目標を600万円としていたが「開始1日で目標額に到達し、100万円の高額寄付も。現金を持ってきてくれた地元の人もいてありがたかった」。次の目標の1200万円も4日間で達成し、21日現在で全国の1030人から1885万9千円が寄せられた。

 旧大名家の収蔵品は、明治維新や先の大戦の混乱期に散逸したケースが多く、立花家のように地元にまとまって残った例は少ないという。寄付した人には収蔵品の歴史的価値を知っている各地の資料館などの学芸員が目立ったという。

 植野館長は「おかげで当面の運営はできる状態になった」と話し、返礼品とともにお礼状を送ることにしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ