コロナ感染者数のカウント方法が違う奈良のプラスマイナス 重複、除外のケースも…

 感染が拡大する新型コロナウイルスをめぐり、奈良県が独自の方法で感染者をカウントしている。通常はPCR検査で新型コロナの陽性が判明すると、感染症法に基づき、病院や保健所が「発生届」を都道府県に提出、各都道府県ではその届をもとに新規感染者をカウントするのが一般的だ。だが、奈良県の場合は「発生届」ではなく、県内の医療機関に入院、または宿泊療養施設に入所した患者らの数を「新規感染者」と定義し、集計している。なぜこうした方法を取っているのか。(桑島浩任)

調査効率化を主張

 「患者の中長期的な感染後の情報分析のためには、入院患者ベースでカウントする方が効率的で適切だ」。県医療政策局の鶴田真也局長はこう主張する。

 奈良県では感染拡大防止のため、新型コロナの患者は速やかに医療機関への入院か、宿泊療養施設で療養してもらう対応を取っている。入院・療養先をもとに感染経路の調査・分析や、その後の容体の追跡までを一貫して行うため、感染者数も入院・療養者の数でカウントするほうがわかりやすく、効率的だという。

 「重要なのは県内の医療体制に対してどの程度の患者がいるのか。県内での感染傾向を分析し、病床の逼迫(ひっぱく)状況を把握するうえで、入院患者ベースの数え方のほうが適切だ」と鶴田局長は指摘する。

 奈良県では現時点では隣接する大阪府や京都府などと比べ感染者数が抑えられており、スムーズに入院または入所できている。このため、独自の方法でも「通常と感染者数に大きな乖離(かいり)は生まれない」(担当者)としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ