120年前の避妊具発見 森下仁丹、展示を検討

 森下仁丹(大阪市)が明治時代に販売していた避妊具が約120年ぶりに石川県の古民家で見つかり、このほど同社に寄贈された。当時猛威を振るっていた性感染症「梅毒」の予防器具として用いられていたが、戦後の混乱などで当時の新聞広告しか資料が残されていなかった。森下仁丹は社史を伝える貴重な財産だとして本社での展示を検討している。

 見つかったのは、フランスから輸入販売していたコンドームの草分けとされる「やまと衣」で、石川県志賀町で古民家宿泊施設を営む経営者が蔵の中で発見した。商品は一部風化がみられるものの、説明書は現存し保存状態も良好という。

 森下仁丹の社史は梅毒が流行する中、「予防医学を先取りするもので、予防や衛生が軽視されていた時代背景を考えれば画期的なことだった」と伝えている。国産化も目指したが、当時の風船や指サックを生産する技術では同じ品質のものを開発できなかったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ