コロナ3人死亡、新たに64人感染 群馬

 群馬県は21日、新型コロナウイルス感染症で入院していた90代男性、80代女性の2人が16日に死亡したと発表した。前橋市でも80代女性が20日に死亡、県内の死亡者数は64人になった。

 一方、21日は新たに65人の感染が確認され、累計の感染者数が3492人となった。管轄別では県が45人、前橋市が7人、高崎市が13人。県管轄の保健所別感染者数の内訳は、伊勢崎20人、太田6人、館林4人(うち大泉町が3人)、安中、藤岡、県外がそれぞれ3人、利根沼田、吾妻が2人ずつ、渋川、桐生が1人。

 また、クラスター(感染者集団)関連では、太田市の在日アッセンブレイア・デ・デウス・ベレン・キリスト教会のクラスター(感染者集団)は、感染者が2人増えて計80人に、藤岡市内の中学校で生徒1人の感染が新たに判明し計10人になった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ