「またクラスター起きるのでは…」介護施設、拭えぬ恐怖 

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、全国の介護施設や高齢者施設でクラスター(感染者集団)の発生が相次いでいる。ただ入所者が寝食を共にしたり、職員の介助が必要だったりするケースが多く、対人距離の確保といった一般的な対策を取ることは困難だ。一度クラスターが発生すれば、何が起き、どんな支援が必要なのか。昨年夏、クラスターに直面し、入所者・職員の計36人が感染した大阪府内の介護老人福祉施設の男性事務長が取材に応じ、当時を振り返った。(鈴木俊輔)

 ■入り込むウイルス

 異変は昨年8月11日夜に起きた。認知症患者が入所するフロアで、80代女性の発熱が発覚。翌日には同じフロアで他の3人が相次ぎ発熱した。

 当時、国内は「第2波」の真っただ中。大阪府でも連日100人以上の新規感染者が確認されていた。「常にコロナは意識していたが、まさか自分のところで、という思いだった」(事務長)。

 対策は徹底したつもりだ。感染者発生に備えてマニュアルを整え、入所者との面会も制限した。入所者、職員の体調管理や施設内の消毒にも気を配ったが、それでもウイルスは人知れず入り込んでいた。

 施設での感染者は日を追うごとに増え、1週間余りで20人を超えた。職員やその家族にも感染が拡大。感染していない職員の中には、帰宅せずにホテルや近隣の集合住宅で寝泊まりする人もいた。

 府内で感染者が急増する中、入所者の入院先はなかなか見つからない。入院できたとしても、認知症のため院内の「ゾーニング」(区域分け)を守ることができず、施設に戻ってきた人もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ