宮城県がひな500羽を殺処分 現段階では移動制限区域は設けず

 千葉県内の養鶏場のアヒルから鳥インフルエンザウイルスが検出され、この養鶏場から宮城県角田市内の養鶏場にひなが出荷されていたことを受け、宮城県は21日、ひなを殺処分するなど対応に追われた。

 県によると、角田市内の養鶏場にはひな約500羽が出荷されていた。県では21日未明に殺処分を行うとともに、養鶏場内の消毒作業を行った。

 角田市内のこの養鶏場ではひな500羽に加え、アヒル約6500羽が飼育されており、県では今後2週間を経過観察期間として、アヒルの症状の有無などについて養鶏場の管理者から確認する。また、経過観察期間終了後はアヒルの採血などの検査を行い、感染が拡大していないかを確認するという。

 県ではこの日、「県特定家畜伝染病対策本部会議」(本部長=村井嘉浩知事)を開催。現段階では感染拡大の可能性は低いとして、鳥や卵の移動・搬出の制限区域を設けないとすることが確認された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ