飼育アヒルから鳥インフル 千葉、1万2千羽殺処分へ

 千葉県は21日、横芝光町の農場で飼育しているアヒルから鳥インフルエンザが確認されたと発表した。県は、飼育されている約6千羽の殺処分を進める。県内の飼育施設での発生は今季3例目。

 農林水産省によると、この農場から1週間以内にひなが出荷された北海道、宮城、茨城、埼玉、大阪、奈良の6道府県の9農場でも、アヒル約6千羽を殺処分する。

 千葉県によると、20日午前に農場からアヒルの産卵率が下がっていると通報があった。県の簡易検査で陽性が確認され、遺伝子検査で21日未明に陽性が確定した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ