7府県宣言発令から1週間 大阪知事「病床厳しく油断できない」 

 政府が新型コロナウイルスの感染拡大が続く7府県に緊急事態宣言を発令して1週間となった20日、大阪府の吉村洋文知事は記者会見で「非常に高い水準で陽性者が推移し、決して油断できる状況ではない。病床の逼迫(ひっぱく)度も厳しい」と述べた。宣言の効果が出るには発令から2週間程度を要するとして、今月下旬以降に見極めるとした。

 府内の1日あたりの感染者は、年末年始は250~300人台だったが、1月6日に560人と急増し、7日には600人を超えた。13~19日も1日あたり400~600人台で推移。直近7日間の感染者数は19日時点で3745人に上り、5日時点の2073人の1・8倍に増加した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ