横隔膜を鍛え食道裂孔ヘルニア予防 ピロリ菌除菌は発症リスクも

【コロナ時代の「逆流性食道炎」対処法】

 夜中に起こる胸やけや、咳など逆流性食道炎の症状は悩ましい。それに拍車をかけるのが、年明けから続くコロナ感染拡大による運動不足や肥満、「寝正月」による暴飲暴食などだ。加えて、「ピロリ菌感染」との関連で、逆流性食道炎を起こしやすい場合があるという。どういうことか。

 「国内では40代以降のピロリ菌の感染率が高いのですが、除菌療法が保険適用になっているため、近年、除菌する方が増えました。結果として、胃酸の分泌が正常になり、逆流性食道炎が増えたことは悩ましいかぎりです」

 こう話すのは、『逆流性食道炎は自分で防ぐ』(池田書店刊)を監修した東邦大学医療センター大森病院消化器センター外科の島田英昭教授。

 「ピロリ菌に感染した胃は、萎縮性胃炎になって粘膜が荒れ、胃酸の分泌が減ります。暴飲暴食を行って腹圧が高くても、胃酸が少ない分、逆流性食道炎は起こりにくい。除菌後に胃酸が正常に戻ると、逆流性食道炎の症状を引き起こしやすいのです」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ