ワクチン接種へ専門チーム発足 東北の自治体も準備急ピッチ 

 新型コロナウイルスのワクチン接種について、政府が2月下旬から医療従事者を皮切りに開始する方針を示したことを受け、東北各地の自治体でも準備が急ピッチで進んでいる。接種を円滑に進めるため専門チームを発足させる自治体が相次ぐ一方、前例のない取り組みに各自治体とも手探りの状態が続いている。

医師会との調整も

 宮城県富谷市では昨年11月、若生(わこう)裕俊市長が新型コロナウイルスに感染したことが判明。若生市長は自らの経験を踏まえて感染症対策を強化する考えを示し、今月6日に保健師ら6人で構成する「新型コロナウイルスワクチン接種特別対策チーム」を発足させた。

 チームでは地元医師会との調整などのほか、今後は市民が接種の際に提示する接種券の発送などを行う。チームを統括する市健康推進課の西山高広課長は「ワクチン供給が可能になった場合に、希望する市民に速やかに接種できるよう態勢を確保していきたい」と話した。

 青森県むつ市は、13日に感染症予防接種準備プロジェクトチーム(PT)を発足。PTは各部局から招集した18人で構成され「総務・広報班」「予約・相談班」「接種班」の3班編成で接種に向けた準備を整えた。また、接種の際に持参してもらうクーポン券の発行準備も進めている。担当者は「今後、いろいろな作業が増えることも予想される。スムーズに接種できる態勢を速やかに整えたい」と話している。

 盛岡市はワクチン接種を円滑に行うため、接種券(クーポン)の配布や市民からの問い合わせ対応、集団接種をする際の会場確保などの準備を進めている。同市では「膨大な業務量をこなすため、専門の部門を新たに設置する必要があるかどうかも含め、調整を進めている」と説明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ