今年の花粉飛散の傾向は 気象協会が予測

 日本気象協会(東京)は20日、今春の花粉(スギ・ヒノキ)の飛散量の予測を発表した。例年(平成23~令和2年の平均値)に比べ、九州は非常に少なく、四国、中国、近畿、関東甲信、東北で少ない見込み。北陸はやや少なく、東海と北海道(シラカバ花粉)は例年並みの見通しだ。

 スギ花粉の飛散開始時期は、九州や四国、東海、関東の一部で2月上旬から。九州から関東までは例年並みか早く、北陸や東北は例年並みとなる見込みだ。ピークの時期も例年並みとなる地域が多く、東京は3月上旬から下旬、福岡は2月下旬から3月上旬、高松、広島、名古屋は3月上旬から中旬、大阪は3月上旬、金沢や仙台は3月中旬から下旬になるという。

 スギ花粉のピークが終わると、ヒノキの花粉が飛び始める。ピークは全国的に3月下旬から4月にかけてとなりそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ